「ブスが7億もらったら ~リベンジ~」第1話のストーリーネタバレ感想

a486f0114c88c71b33af5d183be36390 (1)

新規会員登録で1冊50%OFFのクーポンがもらえる!
→クーポンを手に入れる


試し読みや購入はこちらから

幼い頃に母親から酷い虐待を受け、心にも身体にも傷を負っている入間ゆき(23)。ゆきは母親にブスと罵りながらアイロンで顔の半分を焼かれ、大やけどを負っていました。20年以上たった今も、幼少期の夢に未だうなされ続けています。

 ゆきはどこにいってもブスと気味悪がれ、虐げられて生きていました。やっとの思いでみつけた職場は、週に6日朝から晩まで働いても月に9万円しかもらえないひどい環境。
更にゆきを追い詰めるのは、姑の介護のストレスをゆきにぶつける同僚の本山でした。本山はゆきを理不尽にいじめ、酷くただれたやけどの跡を隠している髪の毛を掴みあげてハサミで切り払ってしまいます。どんな酷いめに合っても、この職場以外に生きる場所のないゆきは、じっと耐えることしかできません。しかし、工場長だけはそんなゆきを助けて慰め、認めてくれるのでした。

ある日、ゆきは工場長から急な仕事を頼まれます。自分を信頼し、必要としてくれる工場長のために、夜を徹して仕事を終えますが、ひと眠りして目覚めたときには仕上げたハズの製品が無くなっていました。結局製品は見つからず、工場長は取引先に頭を下げます。
あやまるゆきに工場長はついに本性を現します。「このバケモノめ!」別人のように豹変した工場長により、その場でクビを言い渡されました。

絶望の中職場を去ろうとしていたところに追い打ちをかけるように、製品をひっくり返し、足で踏みつける姿を目撃します。「ああスッキリした あんたをいじめればじめるほどスッキリする」製品を隠した犯人は本山でした。さらに、本山は工場長が愛人に貢ぐため、ゆきの給料からピンハネしていた事実を暴露します。そして、本山からゆきが職場をクビになったことを聞かされた大家は、支払い能力のなくなったゆきを部屋から追い出します。

これまでずっと、おとなしく真面目に生きてきても、誰もが自分を蔑み、憎み、裏切る人生。信頼していた工場長に裏切られ、職を無くし、住むところを無くし、ゆきは激しい雨に打たれながら叫びます。「私がいけないの? 全部この顔のせいなの?」醜い自分を憎み、自分を傷つけてきたすべての人間たちが憎いと、目を見開き歯を食いしばる鬼の形相で天を仰ぐゆき。
そんなとき、突如ゆきの目の前に現れたのは、いかにも裕福そうな身なりの老婆でした。「憎いか?」老婆は呆然とするゆきにこう告げます。「ひどいことをした奴らが憎いなら…復讐を誓うなら…お前に7億やろう」

■感想
美醜というのは女性にとっての永遠のテーマですが、主人公の入間ゆきは、ビュー○ィー○ロシアムも真っ青なつらい過去の持ち主でした。母親も職場の人々も大家も、清々するほどの鬼畜です。7億もの大金を元に、一体これからどのようにゆきの復讐劇が繰り広げられていくのか?謎の老婆の正体は?次の展開が気になります!        



試し読みや購入はこちらから
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

takayuki321

Author:takayuki321
このブログに足をお運びいただき誠にありがとうございます!

ブログ管理者の「たかゆき」と言います!

何千何万と存在するブログの中からここで出会えたのは何かの縁であると思うので今後もぜひよろしくお願いします!

名前だけでも覚えて帰っていただけたら嬉しいです!

プロフィール

性別:男

職業:学生

出身:群馬

血液型:A

身長:172㎝

趣味:YouTube/ゲーム/情報収集etc...

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR