「育児しんどいマンガ もうママって呼ばないで」ストーリーネタバレ感想

2Lwew.jpg


新規会員登録で1冊50%OFFのクーポンがもらえる!
→クーポンを手に入れる


試し読みや購入はこちらから


第1話 赤ちゃん

 主人公はお腹の大きくなった専業主婦。家事を終えて一息ついたとき、テレビからは生後まもない赤ちゃんと母親の痛ましいニュースが流れていました。幸せな自分とは全く別の世界の話のようで、信じられないような顔でテレビ画面を見つめます。

仕事から帰宅した夫も、妊婦の主人公を気遣い優しい言葉をかけてくれます。主人公の実家は冷え切った家庭でした。ほとんど家に帰ってこない父に対し、「娘の幸せは私の幸せ」だと言いながら、母は一生懸命に主人公を育ててくれました。主人公は、お母さんのような“優しいママ”になることを夢見ていたのでした。

 やがて出産のときが近づいてきました。「ナニコレ 超痛い」思っていたよりもずっとひどい陣痛の末に、出産。やっとの思いで出会えた、大切な赤ちゃん。目まぐるしくも楽しく、愛しい赤ちゃんとの日々は過ぎていきました。

 しかし半年を過ぎると、寝かしつけたと思っても、すぐまた泣いてあやして、寝かし付けたらまた起きて、のエンドレス。ほとんど布団で寝ることができずに、ソファで仮眠をとる日々が続くようになります。
 そんな主人公に気付いた夫は、自分が寝かしつけを買って出てくれます。夫の腕の中で良い子に眠る赤ちゃんに、主人公は「だめだなぁ 私」とつい落ち込んでしまいます。

 その後も家事をしながら育児をする日々が続き、なかなかのんびりもできません。
ため息をついたそのとき、赤ちゃんがはじめて立った!決定的瞬間を記録しようと、カメラにスマホにビデオにメールと、フル回転します。そうこうしているうちに夫が帰宅しましたが、赤ちゃんの記録に夢中でご飯の準備はできていません。夫はそんな主人公を気遣い「カップラーメンでも食べようか」と提案しますが、主人公は罪悪感を募らせます。

カップラーメンを食べようとしたところで、聞こえてきたのはまた赤ちゃんの泣き声…自分が行くという夫を無機質に制し、ご飯も食べないまま赤ちゃんをあやしに向かいます。
専業主婦の仕事としての家事も、育児も、自分ひとりでやろうとしても全く上手くいかない現実。「疲れちゃったなぁ」主人公は洗濯機を前にひとりしゃがみこむのでした。

■育児しんどいマンガ ネタバレ感想

 デフォルメタッチの絵柄とカラフルな色使いが可愛いのでほのぼの育児マンガのように見えますが、実際のテーマは育児ノイローゼとなかなかヘビーな話でした。育児に協力的な夫がいても、思い描いていた理想像のようにいかないのが現実です。家事と育児に疲れてじわじわと追い詰められている様子がとてもリアルに伝わってきます。主人公はここから立ち直っていくのでしょうか?家族3人の幸せを願います。


試し読みや購入はこちらから

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

takayuki321

Author:takayuki321
このブログに足をお運びいただき誠にありがとうございます!

ブログ管理者の「たかゆき」と言います!

何千何万と存在するブログの中からここで出会えたのは何かの縁であると思うので今後もぜひよろしくお願いします!

名前だけでも覚えて帰っていただけたら嬉しいです!

プロフィール

性別:男

職業:学生

出身:群馬

血液型:A

身長:172㎝

趣味:YouTube/ゲーム/情報収集etc...

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR